これで完璧!筋肉サプリの面倒でややこしい「返金保証」を徹底解説!

筋肉サプリには「返金保証」がついていることが多いです。しかし、このシステムにはやや複雑なルールがあり、それを把握しておかないと、解約を申請したときにお金を請求される、なんてことになりかねません。

「返金保証の仕組みがわからなくて不安」
「事前に知っておきたい」

そのような方も多いでしょう。

この記事では筋肉サプリの返金保証のルール、注意点についてご紹介いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

返金保証を受けられる条件とは

筋肉サプリの返金保証を使用するには、いくつかのルールがあります。

第一に、3ヶ月~4ヶ月程度(商品により異なる)の継続購入が必要であるということです。継続購入とは定期購入・定期コース入会のことで、単品で3個、4個と買っても返金保証の対象とはなりませんのでご注意ください。

たとえば、返金を受けるのに「3ヶ月の継続」を条件としている商品を購入し、返金を申し込む場合、3回目の商品を受け取ってから、申請を行うということになります。

ここを把握せずに「筋肉サプリの定期コースが解約できずに困っている」「返金を受けられない」という人もおられるようですが、仕組みを把握していればそんなことにはなりません。

第二に、返金保証を受けるには、商品パッケージや明細書、説明書など、商品に付属していたものすべてを返送しなければなりません。捨ててしまった場合には返金はしてもらえませんのでご注意ください。

第三に、返金の申請書。これも必要となります。各商品の広告サイトにあります返金申請書に必要事項をご記入のうえ、商品パッケージ等と併せて送付してください。これでようやくお金を返してもらうことができます。

返金保証の注意点とは

続いて返金保証の注意点をご紹介します。まず最初に、返金保証の対象となる金額(商品の個数)についてです。商品によっては、初回500円を返金、となっていることもあります。

たとえば、定期コースに入会すれば初回500円、2ヶ月目以降は5000円、返金保証の手続きは3ヶ月目の商品発送後、返金保証の対象は初回500円のみ、とされている筋肉サプリがあったとしましょう。

そういった商品で返金保証を利用しても、最初の500円しか戻ってきません。つまり2ヶ月目以降の代金は完全に自腹となるわけですね。

次に、「返金保証の申請は解約手続きにはならない」、このことも覚えておいたほうがよいでしょう。

返金保証は、効果を実感できなかったからそれを申請するわけで、客にしてみれば、返金してもらったらそこで契約は終わりという感じですよね。

しかし今ある筋肉サプリの多くは、返金保証の申請と解約の申込みを別にしています。おそらくですが、手続きを煩雑にして、解約しにくくしたいのでしょう。

面倒なことを客に強いることで、長く商品を購入してもらおうという狙いがあるわけです。筋肉サプリ業界全体に言えることですが、この点は改善すべきだと私は思います。

最後に、途中解約を申し出た場合は、追加で料金を請求される場合があること、この点にも注意しなければなりません。

たとえば、最低3ヶ月継続が条件の定期コースがあるとします。商品の本来の価格は10000円ですが、定期コースに入会すると1個5000円に値引きされます。

しかし、あなたはコース入会の2ヶ月目(2個目の商品受取後)に、気が変わって、定期購入をやめようと考えました。

会社に電話すると、当然「まだ3ヶ月経っていないから解約はできない」という答えが返ってくるでしょうが、中には条件付きで解約を認める会社もあります。

その条件とは何かというと、すでに発送済みの商品を単品購入扱いにすることです。つまり、上の例でいえば、あなたは2個、商品を受け取っているわけですから、それを定期コースの値引きの前の価格で購入したことにするなら解約できますと、こういうわけですね。

あなたはすでに5000円×2=10000円を支払っていますが、本来は1個10000円の商品なので、差額の5000円×2=10000円を新たに支払わなければならないのです。もちろんこの場合、返金保証の対象とはならないので、ご注意ください。

以上、筋肉サプリの返金保証についてご紹介いたしました。

少々面倒な仕組みではありますが、定期コースに入会するのであれば、この記事にあることをしっかりと覚えて、損をしないようにしてくださいね。